FC2ブログ

感動を与える職業、フーゾク①

ここでは、感動を与える職業、フーゾク① に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が歌舞伎町で遊ぶようになってからかれこれ10年以上。

箱形(店舗型)の性フーゾク店は新規オープンしたことが一切無ありません。

23区内では店舗型ファッションヘルスの新規届出が受理されないのはもはや常識。

それがどうだろう、

つい先日歌舞伎町をブラついていたら「完全新規オープン」の看板がその店先に出ているではないか!
※このネタは2年位前の話です。
※ただの改装だと思いますが、その辺の法的なことは後述します。

まさかこのご時勢に箱店の許可がおりるわけないと思っていたんですが

私の好奇心がその謳い文句に負けてしまいました。。。。

大きなパチンコ屋に挟まれた路地を抜け、突き当たりをちょっと歌舞伎町の中心付近に足を向けたところにその店はありました。

隣は元祖マジックミラーで女の子を指名できる超有名老舗店。

店の外観は最近のフーゾク店には無いギラギラ感が満載です。

一見ちょっと高そうなキャバクラかと思ってしまうぐらいの派手さも特徴のひとつですね。

その店の佇まいにシャイな私は思わずスルーw

一度通り過ぎてはみたものの私のフーゾク魂がもう一度その路地に足を運ばせる~。

今度は勇気を振り絞って店に突入しましたよ。

店内は外観と同じようにやたら派手なんだけどどこか洗練された雰囲気。

入店するなりややイケメンな従業員がお出迎え。

店の壁にはタッチパネル(iPadみたいなの)が掛かっていてそれを見ながらシステムやら女の子の出勤状況が一目瞭然。

写真を見る限りどの子もキャバ嬢クラスのルックスです。

ここで騙されてはいけません。

写真修正が当たり前な昨今、店頭の写真を見たところで大した意味はないのですよ。

せいぜい女の子の輪郭がわかるくらいに考えておくのが無難です。

それに自分的には「フーゾクは愛嬌とテクニックが第一」!!

容姿の良し悪しなんかは二の次です。
※それでも生理的に受け付けない嬢もいますが。。


肉体的に気持ち良くしてもらうのは当たり前で、発射後にいかに精神的に満足できるかが肝なのかなと。

ズバリ!チェックすべきは男性従業員の接客態度。

経験上、男性従業員の接客態度と女の子の接客態度は比例します。

例外はありますが間違いないと言って良いかもかも。

この店の接客態度は・・・・合格。
店員の身だしなみ、雰囲気、話し方どれも及第点ですね。

ここで初めて料金のことを尋ねてみます。

60分20Kはこの不況下ではかなり強気な金額設定。

うん、悪くないですね。

本番アリの店でない限りこの金額ならよほどの美形揃いかサービス重視の店だからです。

イケメン従業員の丁寧な説明を聞いた後、リピーターの多い子を指名しました。

リピーターの多さは基本性格の良さに直結するんですよ。

ちなみに写真だけで判断するなら間違っても私のタイプではなかったり(*^o^*)。

待合室に通されるなり私は懐かしい興奮を覚えていました。

数年前に行った吉原の高級ソープの雰囲気そっくりだったからです。
※その時のお話はまた今度致します。

やたらと広くて高級なソファが並んだ室内。

前方の壁には超大型液晶テレビが置かれてセルフサービスのコーヒーメーカーが設置されてます。

待っている間は無料でドリンクが付いてきました。

ただのペットボトルのお茶とは言えちょっとした気遣いがまた嬉しいです。

内心ニヤニヤしながらほどなくご案内の時間になりました!

男性従業員から「お約束」の注意事項を聞かされます。

いつも思うんですが、カーテンの向こう側で待機している女の子はこの注意事項をどんな気持ちで聞いてるんでしょうね。

それはさておきお待ちかねのご対面~!!

もう数え切れないくらいフーゾクに行ってますがこの瞬間だけは未だに緊張しまくりです。

期待に胸が膨らむとはこの瞬間を除いてのどの瞬間を指すのか30過ぎてもまだわかりませんね(笑)。

男性従業員がカーテンを勢いよく開ける。

果たして第一印象は当たりかハズレか?・・・・・・

「初めまして~Kです~」

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://irujiru.blog.fc2.com/tb.php/1-22be4cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。